お知らせ

3.12019

サウンドプルーフプロ学芸大学の遮音性能試験が実施されました。

2019年3月1日(金)に、サウンドプルーフプロ学芸大学にて第三者機関である日本音響エンジニアリングによる遮音性能試験が実施されました。
遮音性能試験の実測速報値は、防音室間の隣戸間界壁・隣戸間界床において全戸で100dB(500Hz)以上を達成しました。
遮音性能実測値は、100dB~106dB(500Hz)D-80~D-90(日本建築学会による遮音等級)となりました。
集合住宅において、全戸の隣戸間で100dB(500Hz)以上の遮音性能は、世界最高水準
となります。注)当社調べ

遮音測定は、音源室側で2台の大型スピーカーにより周波数別に最大117dBものノイズを発生させ、受音室側で音漏れを測定する方法で行われました。
試験報告書が届き次第、再度ホームページで実測確定値を公開いたします。

 

過去の記事

  1. 3.72019

    サウンドプルーフプロ学芸大学が竣工し、内覧可能になりました。

    東急東横線「学芸大学」駅より徒歩9分のサウンドプルーフプロ学芸大学が2月28日に竣工し、全戸内覧可能...

  2. 3.12019

    サウンドプルーフプロ学芸大学の遮音性能試験が実施されました。

    2019年3月1日(金)に、サウンドプルーフプロ学芸大学にて第三者機関である日本音響エンジニ...

  3. 10.312018

    サウンドプルーフ田園調布の第三者機関による遮音性能試験が実施されました。

    2018年9月22日に、第三者機関である日本音響エンジニアリング株式会社による空気音遮断性能試験が実...

ページ上部へ戻る